1. HOME
  2. ポジショニングトレーナー養成コース【受講者の声】
  3. 【第1期生】比良 祐子

【第1期生】比良 祐子


1、なぜ受講しようと思ったのか?

小学生低学年の頃、
「ありがとうという言葉は、使うときに自分が照れくさいと思っても、なるべく使った方が良い。使えば使うほど自分が慣れて、照れることなく言うことができるとこまで使わなくっちゃ。」
と思いついてから、努めてありがとうを言い始めたことを思い出しました。
私は高校生の頃、自分の感情を感じることに蓋をして、40歳になるまで蓋をしたままだということを忘れていました。
何故感情に蓋をしなければならなかったのか。それは、浴びた言葉から自分の身を守るためでした。
受講を即決した一番の理由は、自分を知りたかったからです。
普段の何気ない言葉が、どれほどの影響力を持ち、それがプラスにもマイナスにも作用します。
自分がどんな言葉を浴びて、どうして今こんなにも感情のない機械のような状態なのか。
それを理解したかった。
だから、即決です即決!

2、受講後の感想

ありがたいことに、何人かの方から
「血が通ったね」「温度が感じられる」
と言っていただきました。
受講前はサイボーグでしたから、この変化はとても嬉しいものです。
もちろん現在も発展中で、日々さまざまな自分の中の消化しきれていない物事に向かい合っています。
言葉の使い方を変えるだけで、まず自分が豊かになります。
過去のトラウマと向き合う時、感情に流されることなく過去の自分を観察できます。
もちろん、怖くなれば自分自身を安全基地として、休み休みでもトラウマを知り、自分の中に吸収させることができます。
少しずつでも、確実に進化しています。

3、ポジショニング理論をどう活用しているか?

現在、特に理論を表に出して、仕事として活動はしていません。
が、日常生活でお客さんと話す時、友人と話す時、祝辞を述べる時、店員さんと話す時など、ポジショニング理論はすっかり私の生活に溶け込んでいます。
まず言葉を発する前に、すべて肯定語として発信すること。
相手が否定語を出した時、肯定語に言い換えて相手に投げ返してみること。
もう一つは、あの言霊実験の肯定語バージョンを、自分に向かって行っています。効果抜群。
1人車を運転中などは、好きな人に言って欲しい言葉、大切な人に言いたい言葉などを声に出しています。
自然笑顔になり、ご機嫌に。
側から見ると完全におかしな人ですので、行う場合は自己責任でお願いします。

4、リンク先

アメブロ https://ameblo.jp/animalcommu-13

Facebook https://www.facebook.com/hira.yuko.3


講演依頼・問い合わせはこちら