1. HOME
  2. ポジショニングトレーナー養成コース【受講者の声】
  3. 【第1期生】嘉村 行生

【第1期生】嘉村 行生


1、なぜ受講しようと思ったのか?

ご縁紡ぎ大学の第2講義で、言葉のチカラを受講して、普段何気なく使っている言葉に否定語、肯定語という種類があり、どちらの言葉を使うか?それだけで人生が変えられる!っというのを感じたからです。言葉を変えることなら今すぐできる!!
講座が終わって早速、嫁さんと子育てや日常の中で肯定語を意識したところ、家庭で笑顔が増えたことを実感しました。
なので、否定語を肯定語に変えただけでの変化を感じたので、ポジショニング理論をより深く学んでみたいと思ったのがキッカケです。

それと・・・名刺で割り箸がその時全く切れなくて、実はめっちゃ悔しかった。
絶対スパッ スパッ 切ってやる!って

2、受講後の感想

トレーナーコースを受講しての変化を先日、嫁さんに聞いてみました。
即答で、「怒らなくなったよね!」僕もそれを一番実感しているところです。
実は恥ずかしながら、瞬間湯沸かし器の僕は、些細なことでスイッチON!
「コウォラ〜!!貴様ーーー」ってやってたんですから、やられる方は大変です。でも、自分自身も苦しんでます。そのスイッチがどこにあるのか当の本人もわかっていないのですから。おかげで、人間関係でのトラブルやトラウマは星の数ほど。鬱にもなりましたし、引きこもりも経験しました。
苦しんで苦しんで、僕が出した答えは・・・人と関わらない生き方を選択するということでした。
今、トラックの運転手をしているのは、この仕事なら人との接触が少ないだろうという不安や恐れの選択で選んだ仕事です。
ポジショニングを学んで、1番の収穫はその心のスイッチがなぜ入るのか?なぜ他人の言動にイライラしたり葛藤を起こすのか?その原因と解決策が学べたことです。
そして、今後は不安や恐れで選んだ仕事ではなく、ポジショニングをお伝えすることで、たくさんの人の笑顔を増やしていく仕事するという愛の選択をします!

3、ポジショニング理論をどう活用しているか?

現在は職場での同僚や友人たちに対して、会話の中でポジショニングを伝えています。
身近なネバベキ病患者さんの救済活動をしています。
先日も僕と同じく、「早くしなければならない」という思い込みがある同僚と一緒に仕事をしていました。

彼は自分の運転の妨げになるような、駐車しているドライバーにイライラし、交差点でノロノロ?曲がる車を見てはまたイライラ。

ガソリンスタンドでは、前の人がのんびりと給油している姿を見ては・・
「早くしろよ!!」ってキレれていました。
その姿を客観的に見ていて、以前の自分の姿を見ているようでした。
「ゆっくりでいいんだよ」って彼にポジショニング理論を伝えると、
ハッとした顔になって、イライラしていた彼の顔はその後、笑顔に変わりました。

このように僕が苦しんできたことと同じような状況にある方が、少しでもラクに、
楽しく毎日を過ごせるようにお手伝いをしています。
近日中に講座を開催するので、一人ずつからお伝えしていきます。

現在は講座開催の最終準備中です。
随時、ブログやFacebookにアップしていきます。

4、リンク先

アメブロ https://ameblo.jp/ginga-blg/
Facebook https://www.facebook.com/kamkam3355


講演依頼・問い合わせはこちら